養成講座PLUS博多 最終エントリー受付中

博多の地にて、養成講座PLUSの後、ご当地グルメの水炊きを堪能し、あんみつ姫の舞台で締めくくる…贅沢なイベントです。講座のインパクトに加え、自分を生き始めた全国の実践者と共に博多文化を体験する…変容力の高いイベントです。

 

全国で展開している養成講座PLUSとはどんな講座なのか。

私が把握できている領域はほんの一端だと思いますし、活字で表現するには限界がありますが、解説を試みたいと思います。

 

現状をなんとかしたい、生きる意味がわからない、自分の枠から出たい、限界を超えたい、苦しみをなんとかしたい…意識しているいないに関わらず、多くの人がもがいている現代…

巷にはメソッドが溢れ、あれでもないこれでもないと探しあぐねて…を繰り返している方も少なくないでしょう。

社会はメソッドで成り立ち、そのメソッドを叩き込まれ続けているといっても過言ではない現代です…解決法を外へ他へと求め続けても渇望は繰り返し起こり、堂々巡りになりがちです。一方幸せは自分の心が決めるとはよく聞く言葉ですが、その幸せとは心とはなんなのでしょうか。妄想領域でごまかしても視界は広がらず、これも停滞スパイラルとなりがちです。 矛盾が当たり前のこの世界を生きている人へ向けて、あまりにシンプルで現実的な人としての在り様を説くということは、非常に難しい作業のように思えます。あえてそこを実践しているのが養成講座PLUSです。ちなみに講師は思考の組み立てで説いているわけではないので、非常にリラックスした状態で力を出し切っています。

既存システムや他者の価値観に自分を当てはめる生き方から、生の自分と向き合い生き切る方向へと舵を切るとき、欠かせないプロセスのひとつ、そぎ落とし…それを促していくのが養成講座PLUSの特徴のひとつです。削ぎ落とすのは現象界の何かをということではなく、思考のくせのそぎ落としです。かといってそぎ落とし作業をするわけではありません。ここでは説明しきれないそれぞれの段階における自己の観察を意識に上げていくのです。それは体系化することやマニュアル化することはできません。

講座では説明できるギリギリのラインで、しかもそのとき、その場の全てを包括した上で、精妙に口伝として伝えていきます。

データに基づく分析や指針や考え方や思想を伝えたり、知識を増やすための講座ではありません。多方向からの働きかけの中に、その人なりの在り様の大ヒントが散りばめられています。

聴きにいくというよりは、全存在で体感していただきたい講座です。

体感し実践した幾人もの方の世界にそののち起動がかかったのも、たまたまではありますが…本来持っている力を本人が許す状態になったのかもしれません。

幾重もの鎧で武装して今から目を背ける生き方から脱却、または最新バージョンの自分にアップロードする意志のある方には養成講座PLUSはおすすめです。

ざんねんながら、活字では100000000分の1も伝わらない!現場へどうぞ♡

力入れすぎないのもコツのようですよ。

楽しくやりましょ〜♡

 

詳細はこちらからどうぞ→養成講座PLUS in 博多

 

文責 南里優未子

松平道明公式ホームページ

下記ボタンでこのホームページをシェアできます♡


ひとりひとりが立ち

異なるを認め合う時代へ